キッチン(台所)クロス張替え

 キッチン(台所)クロス張替え。 例えば相互リンクの申し込みがあれば、まずページランクに目線が行きますし、逆に有力な方から被リンクを頂くときには、ページランクを考えながら、相手のサイトにリンクを張ります。などとかんがえます。

 つまり、ページが持つ力を判断できる要素が他に無いもので、ありがたいシステムです。 ところで先日、相互リンク計画を実行いたしましたが、相互リンクを行う際に重要な事項に、相手から頂く被リンクのパワー、つまりページランクがどの程度あるか、確認してからこちらからもリンクを出す、と言う点があります。

 どんな人物だ? と思われた方は大きい写真で確認してみてください、特にイケメンというわけでも有りませんが…まぁ普通の中年男性です。

賃貸住宅のリフォームが得意です。

 ページランクが高い方が他のページからの被リンクが多く、それだけ上質である、と判断できるからですね。 つまり被リンクを得る際に量と質、両面を考えることによりより効果的に検索エンジンでの上位表示を狙う訳です。

 ですが、ここで問題になるのがページランクの高いページからは滅多にリンクが頂けない、と言う点です。 考えてみたら当たり前の事で、どこの誰かも分らないのに良質なリンクをホイホイと張るサイトオーナーはいません。

 居たとしても該当するページには多量に発リンクがあり、結果的に頂けるパワーは少ないことになる。 そこで考えたのが、頂いた被リンクのページにこちらか「リンク返し」をすることです。

リフォームの無料相談、受け付けます!!

 簡単に言えばサイドビジネスブログにようこそ!! 見たいな感じで書き出すことが多いのですが、今日はSEOとはあまり関係ない話で、皆様に感謝って感じです。というのもふとアクセス解析の画面を見ていると「100回以上訪れている人が全体の7.3%」も居られます。 この数値がどれだけ嬉しいか、ブログをメインにされている方ならご理解いただけるでしょう。

 ウェブサイトを運営していると、直帰率という言葉をご存知でしょうが、通常であれば80%程度は見込んでいないと計算が成り立ちません。 この場合の直帰率って言うのは、せっかく来たのにも拘らず、すぐに帰ってしまう人のことで、こればかりはどうしようもない問題なのですが、私のブログの場合、40%程度しかありません。

 その代わりに100回以上も訪れてくれる人が全体の20%以上もあり、ホント、すごく嬉しいです。のページに対してこちらから営業マンに売りつけたテーマ:サイドビジネス 本日本業の方が休業となり、こうして一人寂しくパソコンの前に座って、ブログなど書いております。私だけかも知れませんが、予定がなくなると非常に寂しく思います。

趣味はゴルフ

 普段であれば今頃トラックを運転をし、休日になればサイトの充実に汗を流すのですが、急に休みになると何をやって良いのか? 混乱します。さて本日の話題です。先日クルマ屋さんにクルマの見積もりを頂きに出掛けました。最後に向かったのは現在お付き合いをしているスズキさんで、当然のことながら担当営業マンが決まっております。私が駐車場に車を入れると、ちょうどその営業マンがたまたま居ました。

 普通、このような状況になると営業マンって「お客が来た。何とか車を買ってもらわないと」なんて考えながら行動をしますよね。ところがこの営業マン、いつもとは違う笑顔を見せるんですよ。そして「末森さん、ついに買っちゃいました」なんて言うんですよね。しかも変なジェスチャーを交えながら。

智清のブログ・職人としてのイメージ画像
佐倉・ロゴマーク